【復縁方法】彼氏/彼女と束縛/依存で別れても※絶対やり直したい!

このページから、ご覧いただいた方へ

 

復縁方法,温度差,依存,束縛,体質,克服,改善法

当サイトでは、依存束縛嫉妬やきもちなど、自分勝手な行動や、甘えによって、大好きな彼氏、彼女と別れてしまった人に向けて、復縁経験者が、復縁方法をお伝えしています。

 

TOPページから、順に説明しておりますので、理解を深める為にも、TOPページからご覧いただきますよう、お願い申し上げます。

 

スタートから復縁方法を順番に見ていく

<ステップ3>依存が束縛へと変わる瞬間を理解する

ここまで自分の深層心理を見てきて、
大分、自分自身のことを、理解できて来たのではないでしょうか?

 

ここでは、依存が束縛に変わる瞬間、束縛を防止する為に、
温度差を意識して付き合うとは、どういうことなのかを理解してもらいます。
では、見ていきましょう。

 

まずは、依存が束縛へどういった段階で移行していくのか、
その様子を段階を追ってみていきます。

 

恋に燃え上がる時期は、お互いが依存し合っている状態ですよね。
次の段階で、片方が、恋の安定期に入っていきます。
お互いの依存から、一方から一方への依存に変わる時期です。

 

ここで、あなたは不安を感じます。

 

  • メールや電話の頻度落ちた
  • 以前よりも熱を感じない
  • もしかしたら、冷めてしまったのか?
  • 浮気をしているのか?

 

その不安は、日に日に拡大していきます。
そして、気持ちが膨れ上がる度に、ラブラブだった状態のことを思い出します。

 

  • あの、幸せだった毎日。
  • また、あの頃のような、満たされた気持ちになりたい。
  • 彼・彼女からの、愛情でいっぱいの生活に戻りたい。
  • 自分だけを見てくる彼・彼女に戻って欲しい。

 

そう思ったあなたは、彼・彼女への愛情表現を増やしていきます。

 

しかし、相手からは一向に愛情が返ってきません。
さらに不安になったあなたは、相手に不満を言い出します。

 

はじめは、メールや電話をしてくれないなど、
日常の不満をぶつける程度でしょう。

 

しかし、相手からしてみたら、恋の安定期に入っただけ。
あなたへの愛情が、形が変わっただけで、無くなった訳ではありません。
ですが、以前のような燃え上がるような感情がありませんので、
あなたのペースの合わせた、愛情表現が、出来なくなっているのです。

 

しかし、それを知らないあなたは、
今まで以上に、不安を感じ始めます。

 

そして、相手の行動を事細かに、知りたくなってくるのです。
心の中では、浮気を疑い始める時期です。

 

  • 友達と遊んでる?
  • どこで、誰と?
  • 本当に友達なの?
  • メールの返事が遅いけど?
  • 寝てたって本当?

 

こういった疑問が浮かんできます。
そして、我慢が限界に達したあなたは、こんな発言をし出すのです。

 

「もう好きじゃなくなったの?」
「他に好きな人でもできたの?」
「浮気してるでしょ!」

 

こうなってしまったら、末期症状です。

 

彼・彼女の愛情を確認する為に、別れを切り出す人もいると思います。
あえて、わがままな態度をとって、それをやってくれる彼・彼女を見て、
愛されているという、実感を得る人もいるでしょう。

 

何度も言いますが、彼・彼女はあなたへの愛情が、
なくなった訳ではありません。

 

この時期には、行動を束縛するような発言も出ていると思います。

 

「友達とばっかり遊んではダメ」
「メールは一日、○○回はしないとダメ」
「異性の友達と遊んではダメ、アドレスも消す」
「趣味の時間を削って、私と会うこと」

 

このように、あなたの不安は、

彼・彼女の周りの友人関係への嫉妬に変わり、

彼・彼女自身の自由時間にまで、束縛の手が伸びてしまうのです。

 

そして、それに耐えきれなくなった瞬間、風船がはじけるように、
別れを切り出されるてしまいます。

 

こうなってしまったら、もう、何を言っても自分の意見は変えません。
限界まで、我慢した分、もう少しの我慢もしたくないのです。

 

「付き合っているのに、疲れた・・・。」
「俺の気持ちを、わかってくれない・・・。」
「自分の気持ちがわからなくなった・・・。」
「とにかく、一人になりたい・・・。」

 

限界を迎えた、彼・彼女はあなたに対して、
これと似たような言葉を、言ったのではないでしょうか?
それを最後に、別れることになりましたよね。

 

はじめは、ちょっとした不安、ちょっとした温度差から生まれた疑念が、
嫉妬や束縛に変わり、別れに発展したのです。

 

こういった、悲しい別れを繰り返さない為には、
メールや電話の頻度落ち、以前よりも熱を感じないと思った段階で、
彼・彼女が恋の安定期に入ったことを理解するのです。

 

そして、相手の温度に合わせた恋愛をすることです。
決して、以前のような愛情を求めることはせず、彼・彼女の愛情を信じることです。

 

「自分は愛されている、ただ、恋の安定期に入っただけ。」

 

そう思えるかどうかが、ポイントです。
それが、あなたと彼・彼女との、今後を左右する
ターニングポイントなのですよ。

 

ここまでは、理解できましたか?

 

温度差を意識した付き合いとは、恋の安定期に入った彼・彼女と

同じ温度で付き合っていくことです。
間違っても、この時期に自分の感情を、押し付けてはいけませんよ。

 

このことが頭で理解できでも、どうしても不安になってしまい、
彼・彼女を束縛してしまう人がいます。

 

では、次にどうしても束縛してしまう人の特徴と、

その改善方法を書いていきます。

 

束縛してしまうのには、ちゃんとした理由があるのです。
ポイントを理解して、束縛体質を改善していきましょう。

 

では、先に進みましょう

【復縁方法】※温度差を意識し依存を克服!<束縛体質改善法>関連ページ

<ステップ1>恋に燃える時期と安定する時期の理解
≪温度差の理解で束縛を直す!経験者の復縁方法※嫉妬/依存/克服法≫彼氏・彼女とやり直す為に!自分の甘え、自己中、自分勝手な考え、わがままを改善だ。復縁への第一歩を自分を知ること!
<ステップ2>どこで依存が生まれるのかを知る
≪依存や束縛が原因で振られた!別れのメカニズムを知って別れ体質を改善しよう!≫不安や心配から、束縛してしまう…。彼、彼女なしでは生きていけない依存体質。嫉妬のメカニズムを知って、別れ体質を克服しよう。
<ステップ4>どうしても束縛してしまう人の特徴と改善法
≪止めたいけど止められない…。束縛してしまう依存心の高い人の特徴と改善方法≫自己中・わがまま・自分勝手を克服し、彼氏・彼女と復縁する方法。経験者が束縛体質の解決方法を教えます。
<ステップ5>依存の中毒性についてもう少し理解する
≪束縛の恐怖!依存の中毒性!負の連鎖は友達関係にまで忍び寄る!≫付き合う相手が変わっても依存心は消えない、他の人でも同じことの繰り返し。自分を理解して、彼氏、彼女とやり直そう。
<ステップ6>束縛したい依存したい気持ちを克服する方法@
≪依存心を消す!束縛を改善!彼氏・彼女との具体手な復縁方法≫嫉妬や不安からメールや電話攻撃。「疲れた」「自由になりたい」「わががまに耐え切れない」そう言われ振られたけど、絶対やり直したい!経験者がやり方を教えます。
<ステップ7>恋自分の存在価値を見い出せる何かの作り方
≪束縛体質を改善し自己中・自分勝手・わがままを直す復縁方法≫同じ失敗を繰り返さない為に!復縁成功者が、依存体質を克服するやり方を公開。彼氏、彼女だけが大切な存在では、依存心は消えない。嫉妬心をなくせ!
<ステップ8>奥底に眠っている依存心を完全に取り除く
≪依存心を徹底克服※視野を広げ!束縛心を食い止める復縁方法≫同じ別れを繰り返さない為に!経験者が、どうしても彼氏、彼女に依存してしまう人へ向けて改善方法、対策、予防法をお伝えしています。
<ステップ9>好きだからこそ不安になる!その考え方は間違っている
≪好きだから束縛したくなるのは嘘!嫉妬をしなくなる方法とは?≫依存、束縛、嫉妬、やきもち、甘えは、好きだからしたくなるのではない!「重い、疲れた、今は誰とも付き合うつもりはない」そう言われたのには、理由があった。原因を知って、同じ失敗をしないよう対策していこう。
<ステップ10>復縁を成功に導く成功者の考え方
≪復縁経験者の考え方=依存や束縛したい気持ちを消す!≫騙されたと思って実践せよ!復縁成功者は、明るい未来を想像し「結果は思った通りになる」と自己暗示をかけている。ウソ臭く聞こえるようだが、これ本当の話。